忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
先日、納車になりました。
着手から1年ほどかかってしまいましたが、気を長くお待ちいただけたオーナー様、
有難うございます。

後半の組み付けは集中して作業していたため画像が少ないです。

 ワイヤーハーネスが新品なので、スッキリみえます。
一つ一つ組み付けていき、形になってくるのは楽しいです笑。






室内もメーター等、付属品がついてくると、雰囲気が一気に変わり、もうすぐにでも乗り出せそうな感じ。







ちょうどNさんのヨタハチもメンテナンスで入庫していたので、3台並べてパチリ。

社長は、いつか作業させてもらったヨタハチを並べて一枚記念撮影をしてみたいなぁという野望を持っているようです笑。



秋晴れの10月3日納車。
お預かりから丸2年経過してしまったのが、何よりも申し訳ないのですが…これからは暫く安心して乗れると思いますので、存分に楽しんでください!






次は・・・あまり休まずに何かUPします笑。

お楽しみに!
PR
前回の続きで、塗装工程に入ります。

色は元色より少し明るめな赤。


一度中塗りをした後、防振シートを貼りまして。
外側をマスキングして室内を塗装。






その後、外装の塗装。







 左右フェンダー、ボンネット、トランク、左右ドアの塗装。







そして細かな部品の塗装。







防振シート貼る前の下塗り、室内、外装、ボルトオン塗装。
4回の塗装工程でした笑。


つづく。


あ。上の画像を見て思い出したのですが、

そういえば、作ったんでした笑。
後ろのナンバーはまず外す事がないので、全く目立たない部分ですが。
過修がありブラストして再生しても良くならないので、製作しました。









暫く更新しない間でも、作業は着々と進み、仕上げの段階です。
おおよそいつものような作業になるので、細かな部分はカットし大まかな部分を上げていきます!

 左側Rrフェンダー、アーチ部分はインナーアウターともに張替え。
前後端部も張替えです。






 張替え後です。








バックパネル下部、インナーアウター両方に腐食があったのでカット。


張替え後です。


右Frメンバーブラケットの座屈はパブリカのパーツを流用して修理。


サーフェーサー塗装。


アンダーフロアは防錆塗装を下地に塗布。


チッピング塗装で仕上げです。



続く。
5月27日の忠ちゃん牧場ミーティング、北海道組4台での参加が決定しました!

昨年秋、あの悪夢のような天候の中・・・7台で無謀とも思える旅を決行しました。
時間が経った今、あの時のことを冷静に考えてみると....今まで直接お会いすることができなかったオーナー様と交流できたのが何よりの収穫ですが、身のため車のためには行くべきじゃなかったですね笑。

でも、今度こそ・・・

今度こそは!


このような曇天ではなく。








晴天でありますように!



また皆様、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

春めいてくるとこういう仕事も増えてきます。
バイクのタンク修理です。


バイクのタンクは前から多いようでしたが、近頃では自動車メーカーでもこの手の塗色が使われるようになりましたね。国産メーカー全て純正色にキャンディーカラーの設定があります。






この色を作業して、ちょっと思い出したので最近の塗装事情と言いますか・・・愚痴と言いますか笑。


大変深みがあって美しい色なのですが、塗り手としては大変。
全く同じ発色に作るのは不可です。加えて塗り加減でも色の違いが出ます。
このタンクのように、隣接部に塗装の繋がりがないのであれば、よっぽどでなければ以前との違いがわかることはないでしょう。
でも、隣接があるとそうはいきません。瞬間でわかります笑。
例えば、4ドアセダンのFrドアを塗装する場合、間違いなくFrフェンダー、Rrドアとの色の違いがでてきます。

そこでボカシが必要になるのですが、、、そのボカシが大変困難。

補修面積は小さくても・・・







ベースコートのFrドアをボカシ・・・







カラークリアーのFrドアボカシ・・・
RrドアとRrフェンダーはベースコートもカラークリアーもしっかり塗ります。





これをやると他の色のボカシは簡単だなって思うくらい悩みました。
しかし、今後塗装の機会が増えてくると思うと、憂鬱になりますね・・・。



さて、話をバイクのタンクに戻して。

これが今回のベースコート。
メタリックベースが多めの赤シルバーって感じです。






そしてこれが、その上の層に吹き付けるカラークリアー。
血みたいなのであまり好きではないです。






ベースコート、カラークリアー、クリアーと吹き付けて一度乾燥。







乾燥後、足付けをしてストライプを貼り、もう一度クリアーを吹き付け完成です。







バイクのタンク塗装、面積こそは小さいのですが意外と大変なのです。



カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(10/11)
(09/14)
最新コメント
[11/07 pontyos]
[10/31 レストア完]
[10/31 レストア完]
[10/18 pontyos]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]