忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。

いつもながら更新が遅い私(汗。

先月末ヨタハチ一号車が自走で北海道まで来ました。
リンクの『甦れヨタハチ』で既に紹介されているので、もう拝見されているかと思いますが、
一応、私も記事にしたいなと思い、こうしてカタカタと打っています。


ドア周りの調整がまだだったので、その辺りを手がけさせていただきました。
今までどのヨタハチを触れてもその作業には毎度苦しめられているので、きっと苦労するだろうと
ある程度覚悟はしていたのですが、、、、、そりゃもう大変です(汗。

結果は・・・・不本意ですがおおよその出来。。。

触れたことがない方は「たかが調整でしょー」と思われるかもしれませんが、
片側だけでも一日かかることもあるぐらいなので、今回のような限られた時間では
正直納得できる程の作業が出来なかったのが非常に残念です。

塗装の状態も落ち着いていたので、仕上げに全体を磨きあげてボディはピカピカに。


私のところでできる作業はこれで終わり!
あとはオーナー様に大事に乗っていただくだけです。


1号車来道との事で、遠方からも集まっていただきました!

eb725388.jpeg土曜日、早々にmupさんがヨタで駆けつけてくれました。
もちろん今年初乗りです。
作業を手伝っていただいたり、差し入れをいただいたり、
本当に有難うございました!!






02.JPG日曜日、調整と磨きが終わってスッキリした一号車。
この車の影響力ってやっぱり偉大ですね。
雪がある北海道でもスタッドレスタイヤを履いている旧車を
見る機会はあまりないですが(笑。
自走して来ていただいた何よりの証ですね。



03.JPG先だって出庫した銀ヨタのオーナー様のお友達のケンメリ。
マフラーがさみしい音でしたが(笑、車体の状態の良いこと!!
久々にここまでスッキリしたケンメリを見ました。





04.JPG一号車の前にレストアさせていただいた後期型のヨタハチ。
こちらももちろんシーズン初乗り。
始動も初だったようですが、一発だったみたいですこぶる調子良さそう。





05.JPG隣町にお住まいのSさんのヨタハチ。
レストア済みの車両を数年前購入し、かなりドップリ楽しんで
いるようです(笑。
濃色にシャコタンでスポーティーな一台です。





この間出庫した銀ヨタは・・・・今日車検です!
惜しかったぁ~。
でも、路面を考えると無理でしたね(笑。
それでも、車両を見たいとの事で片道4時間かけて来てくれました!


06.JPGこうして複数台集まる機会もないので、記念撮影!
んーーーー。たまりませんね(笑。
最近、イベントでも4台並ぶことないので、これは嬉しかった!






本当にお集まりいただき、有難うございました!
あまり気の利いたおもてなしもできないので、バーベキューでご勘弁いただきました(笑。


そんな充実した週末でした。






 
PR

先日ヨタハチのオーナーさんが遊びに来てくれました。
時間にしたら30分ぐらいの距離で、以前はちょくちょくいらしてくれたのですが、
最近では何かとお忙しいようでお会いするのは久しぶりでした。

DSC09396.jpg1968年式のヨタハチ。7年ほど乗り続けているようです。
驚く事にこのヨタハチは購入されてからずっと日常の足として
オーナーさんと共にあちこち出歩くのに使用されているのです!
以前小雨降る中すれ違ったのを思い出します。快調に走ってい
ました。自分の手できちんとメンテされているので、車も応えて
くれているのでしょうね。
助手席の足元には消火器まで完備されていて、その辺りの注意も怠っていないあたり、いやはや脱帽です。愛情がたっぷり注がれた大切な一台。いつまでも乗り続けて欲しいものです。



DSC09398.jpgですがこちらは降雪地帯。融雪剤はボディを傷めてしまいますのでさすがに冬眠はするようです。残り少ないオンシーズン楽しんでくださいね。





この間、塗装とめっきを終えたヒーターをやっと組み終えました。フロートやパッキン、マグネットなど、
大抵のあたりがダメになると思うので、目を光らせて点検。結果は良かなってことで、バラした逆の
手順で組みました。しかし、仕事の合間合間でやっているので、なかなか集中して出来ずに、
思いのほか時間がかかってしまった。

DSC09296.JPG手前が私のヨタのヒーター、その隣が謎のヒーター。向こう4つが今回O/Hしたヒーター。






DSC09298.JPG吸気側からのアングル。バス用と思われる謎のヒーター以外は同じように
みえます。





(何かの幼虫みたいに見えてきたのは私だけ・・・・・?)


DSC09306.JPGヨタ用、パブ用を比べてみたら、ヒーター本体の違いは、室内へ向かうダクト部の違いと、マウントブラケットの違いぐらいだったので、パブ用ヒーターの2つにヨタヒーターを参考にしてマウントブラケットをスポット溶接で取り付けました。ブラケットを無視すれば、パブにも装着でき、室内へ向かうダクトを交換するとヨタにも装着出来るという、ユニバーサルな(どっちつかず)仕上がり(笑。




あとは、レジスタとグロープラグを取り付け燃焼テスト。どきどきです。



引き続き。

DSC05953.JPGエンジンルーム。少し埃がかぶっていますが、やはりオリジナルを維持しているようにみえます。温かいところを移動し続けているので、ヒーターは不要なんでしょうね。車体番号は載せれませんが12○△□でした。





DSC05945.JPG驚いたのはこの腹下の状態でした。表面的には錆がでてきていますが、ヘコミや腐れが全然ないのです。フロア等も張替えの必要なんかもなさそうですね。私もこんなヨタハチが欲しいもんです。






DSC05950.JPG DSC05946.JPGお隣のスバル360。外車が多い中同じ日本車同士、隣に並んで紹介されていました。我が家にもあるので、そのうち直して並べて写真撮ろうかな。




さて。
前回の続きで、室内の感じを。

DSC05940.JPGインパネ。正直、輸出仕様のヨタハチを見たのは初めてなので、どこまでがオリジナルなのかが解らないのですが、非常に自然に収まっているあたり元々の状態を維持しているのではと思うのですが。国内のヨタハチとはかなりの変更点がありますね。ハンドルの位置とか(笑。 いやいや、メーターパネルの位置関係、スイッチの位置関係、しかもグローブボックスまであります。しかも、グローブボックスには時計が埋め込まれていて、ちょっと快適な仕様になっています。



DSC05962.JPGセンター部分はこんな感じ。ラジオも埋め込まれているところをみるとオプションではなく、標準装備なんでしょうか。って事はインパネ上部には格子状の部分はスピーカーかな。で、ラジオの上の丸いぽこぽこは何の意味があるんだろう。




DSC05961.JPG右側グローブボックス部分。時計もきれいに埋め込まれているので、おそらく標準装備かと。時間にうるさい日本人にこそ欲しい装備だと思うんですがね~。グローブボックスも収納の少ない国内ヨタハチにも欲しい部分です。





DSC05963.JPGスピードメーターも違います。120kmまでしかないぞと思いきや、mph。換算すると・・・約192km/h。国内ヨタでも思うんですが、180km/hまで表示する必要はあるのかと。スポーツカーだし必要なのかと思うようにしているんですが。しかし妙に120までの表示がしっくりいく。。




DSC05942.JPGシート。これまた初めて見るパターン。う~む、、自然な感じ。「Do not touch!」と書いてある中、施設のおじさんに無理を言って座らせてもらいましたが(プロフィール画像のあれです)、座った感じサイズは国内のヨタハチと同じでした。小柄な日本人にはこのサイズで良いかもしれませんが、体格の大きい欧米の方々にはちょっと窮屈でしょうね~。




外見的には大きな違いは無いにしろ、インパネ等が違うだけで全然イメージが違います。パームツリーのある海岸線をドライブ。大きな音量でラジオをかけて、助手席にはサングラスをかけたブロンドヘアーの女性が髪をなびかせているような映画のワンシーンを想像させられました。


HOMENext ≫
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]