忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。

少し期間が空いてしまいましたが、S30の続きです。
先日、無事納車になりまして、今は次の車両を手掛けて
いるところです。

画像も少ないので所々をハイライトで。

ドア下部は張替ましたが、上部の過修が
そこそこの板金でやめているので、それも
併せて修理です。おおよその面が出たので、
あとは周辺部と合わせながら修正していきます。




ダッシュ部分もこの車両の腐食しやすい場所
だと思います。
この辺りも車両を選ぶときに注意した方が
いいと思います。




フロアは左右張替。

S30はボディの補修パーツが豊富なので、
かなり助かります。
精度は・・・やはり現車合わせで加工が必要です。



中間撮っていなかったので一気に飛びますが笑。
室内を下地塗装。

最近のノンサンディングサフはホント便利です。
下地塗装後、1時間程度で上塗りです。



 室内の塗装完了。

この後、マスキングを逆に張り直して外装の
塗装に移ります。




続く。



 
PR


ううむ………やはり。
と口には出さずに思いましたが、
切った以上はやるのみ!笑
前回の続き。

バッテリー台の原型を崩さないように慎重に・・・
しましたが、敢なく崩れ落ちこの状態。

リプロでも売っていますが、そこそこいい値段するので、
自家用のS30を参考に制作することにしました。



バッテリー台を外してみると向こうが見える状態です。
この部分は泣き所なので…仕方ない…仕方ない。
こう目の当たりにすると見て見ぬふりなんて出来ませんしねぇ。

しかし・・・。
その周辺の腐食群をみて泥沼な予感がびんびんきます(笑)。



・・・・はい。


沼の入口に一歩踏み込んでみました(笑)。
少し解りづらいかもしれませんが、↑画像の部分は
張替完了しています。
逆反りと順反りが入り乱れた形状なので少し苦労しました。




当たり前ですが、とにかく切ってしまったら作らないといけないので、
都度暫し考え、1箇所ずつ見極めて進めていきます。

よし!カットしよう!

と思い、いざ進めると、おぉぉぉ…その向こうもかよ…orz

そしてまた考えます(笑)。



それを繰り返しながら一つずつ進めていきます。

必要以上にカットするわけにもいきませんし、
できる限り負担のないよう、最小限ですませたいです。





しかし、車種毎に個体毎に中がどこまで腐食しているか、ある程度想像はできても、
実際は進めてみないとわからないものです。

張替等の現場技術だけではなく、見極める目も技術なのだと今回改めて思いました。


 
豊富にあったと思われたネタも、まさかの画像紛失により
あっという間に尽きてしまいました。
いや、ネタが沢山あったように感じていただけかもしれません(笑)。

話は30Zに戻りまして....。

現在の作業は既に塗装も終わり、各部の組付段階に突入していて
もう少しで納車となりそうです。

これまでの道のりを思い出しながら少し紹介していきます。



どこから手掛けようか考えていたのですが、おそらく
今回一番大変な部分になるだろうと思った、バッテリー
下の腐食。
エプロン、ダッシュパネル、カウルサイド、サイドメンバー、
フロアパンにかけての広範囲にわたる錆。
勢いのある最初にここを終わらせることにしました。


フロアをばっさりと落としてしまい、ダッシュロアや、
トンネル側立ち上がりの腐食箇所を張り替えて、ひとまず
フロアを張れるような状態までにしておきます。

大きなパネルを使う部分を基準にして、その後細かな部分
へと作業していけば、全体的な狂いを少なくできます。


サイドメンバーとエプロン下部を製作し張替。
作りづらい形状に加え鋼板が厚いため苦労しました。

あと体勢も非常に悪かったですね(笑)。




エンジンルーム側からはこんな感じです。
少し苦労したのが伝わるかもしれません(笑)。

この後、画像上側に見えるバッテリー台周辺を張替えるので、
エプロンの溶接は途中までで止めて残りは点付けのみ。




続く。
 
さて次はどの作業を…と、撮りためた過去画像を見ていたのです。

あれ…ない?

じゃここかな?

じゃこっちか?

どうにも見当たらず…。

サイドシル取替えたり、センターピラー周辺の腐食、ドア下部の張替え等々、小出しに引っ張ろうと思っていたのですが、断念。

幸い納車前にスマホで撮影していて、完成画像だけはあったので、不本意ですけれど、早々に完結です。

中間画像は見つけたらupすることにして、今回はご勘弁ください。

ちなみに、下の画像左側に写っている緑のDXが今回のドナー。
あちこち違いはあるものの、部品取りが一台あると選択肢も増えます。
何より小部品の調達が難しいので、そういった面でもホント助かります。



きっと当時はそこそこ走ってしたのでしょうけれど、バン故に大事に残される事も少なかった希少なモデルかなと思います。


この精悍なマスク。
しかしバン(笑)!



スカイライン独特ライン。
バンなのに(笑)!



今のように多様な車種がない時代だから当時としては当たり前だったのかもしれませんが、スカイラインの名を持つバンって…今時の商業車にない要素が詰まっている魅力的な一台。

カッコ良すぎます。

カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[01/05 pontyos]
[01/05 レストア中]
[01/04 pontyos]
[01/02 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]