忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。

ひき続き。

14.jpg問題のエンジン部分を組んでいきます。左下部分に穴を空けて、ネジ山を立てて、油温センサーを取り付け。これで一歩ヨタ用に近づきました。シリンダーのボーリングはエンジン屋さんにしてもらいました。






23.jpgそして、付属品を取り付けていきます。前回はめっき風塗装だった部分も再めっきして、少しばかり本物(風)に近づいたような感じがします。






35.jpg更に付属品をつけていき、組みあがり!
エンジンカバーもツルッとしたウレタン塗装にし、何となくすっきり。
キャブも新しい物に交換しました。







34.jpg右側面から。ミッションも少し汚れていたので、ついでに洗浄し、表面をスコッチブライトで擦ったり、真鍮ブラシで擦ったりしてキレイにしました。
インマニの錆も無くなり、エキパイも耐熱塗装をしてあるので、当分安心かな。





48.jpgで、ぶつけないように慎重に収めて、終了!
でもパッと見た感じたいした変わってないような気がして感動にかけます。返ってサンドブラストの不安を抱えてしまっただけのような・・・。
無事エンジンがかかりますようにと祈っておきます。





後日談ですが、やはり白煙がでました(笑。原因は砂。シリンダーに砂の噛み傷が付いていました。
シリンダーを1.0まで広げてしまったので、これ以上オーバーサイズにする事も出来ず、スペアエンジンのシリンダーを再度ボーリングしてもらう羽目に。だれも真似しないでしょうけれどくれぐれもその際は気をつけて下さい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» ブログ開設おもでとうございます。
おひさしぶりです。

自分もクランクケースやミッションをブラストかけようと思っていましたが、
もしかけるとなると外部のみで内部は砂が入らないように
しっかりマスキングしないとだめそうですね。
(程度がわかりませんが、これでもかってくらいが必要ですか?)

ちょうど、先ほど、サンドブラストを時間レンタル出来る
ブラストのメーカーに行ってシートのフレームに
いろいろ試し打ちしてもらってきました。

なかなか便利ですが、フレーム自体が結構腐っていまして、
穴(クレーター)だらけになりそうです。

では、また楽しみにしています。
アールエス800 URL 2007/07/17(Tue)17:24:24 編集
» ありがとうございます。
ご無沙汰しています。

文才がないので拙い文章ですが、今後とも宜しく
お願いします。

私もかなりガッチリとマスキングしたつもりでしたが、大変な目にあったのでオススメしません。
もしかけるのであれば、相当な覚悟で挑んでくださいね。

ブラストは非常に便利ですが、思いのほか錆が
進行していて、パーツの状態にショックを受けることがありますよね。シートの再生楽しみにしています。
pontyos 2007/07/17(Tue)22:20:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]