忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
ドアのチリがなかなか合わないので、部品とにらめっこしてました。


DSCF3628.jpgアウタースキン自体のヘコミや歪みは、今は差当たって問題ではなく、
この丸印の部分の立て付けが問題です。

内外への出入りはピラーで解決出来ても、前後上下方向へのすき間がバラバラで、どこか一箇所を合せると他が余計に悪くなるという不思議さ。


周辺パネルの立付けバランスもまだ完璧ではないにしても、回りも一緒に調整しても同じ傾向。
って事で、ドアを考察してみました。

door_right.jpgドア前側上と下の裏側に張替えの形跡あり。
この辺りもしっかり補修してありますし、ドア内側の陰までしっかりと
下処理塗装していますし、ちゃんと作業されているんだなーと感心。


感心してみたのですが・・・・・・・・

内側の陰なんて普通しっかり塗装できません(笑。
アウタースキンを外さない限り補修塗装では不可です。

って事はですよ・・・・アウターのミミを起こしてスキンを剥がして、また取り付けてとする過程で
折り返しの位置が狂ったという事も考えられるのです。
分解は私もよくやる作業なので、うっかりするとしてしまいがちなミスです。
剥がしてそのまま取り付けでしたら失敗も少ないのですが、剥がしてインナーを部分的に張り替えて
また取り付けとなると、アウターを形状なりに折り曲げて収めるので、内側を正確に作らないと
自ずとアウターの寸法は狂います。

そんな推測を基にまたまた中古ドアを引っ張り出してきて・・・・

DSCF3538.jpgあらスッキリ(笑!
どうして早く、このドアを付けてみなかったのでしょうねー。
このドアもピラーと同じ車両からの部品ですから、余計に
相性が良いのかもしれませんね。

このドアを使って作業を進めたいと思います。


気づくとちょっとサービスショットですね。
フェンダーロア部が終わったり、ロッカーパネルが付いていたりと意外と作業進んでいます(笑。

中間工程は・・・・どうしましょ?
左側と同じなので割愛してもいいのだろうか迷います(笑。







PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
更新ありがとうございます なるほど理解できました ドアのチリ調整は手間をかけたようです 中古のストックドアを仮取り付けしたらOKとは・・・やはりいじくってないパーツに限りますねー お世話かけま~す

依頼人です 2011/09/02(Fri)19:16:38 編集
» 無題
何が正解か。答えは簡単なところにあったんですね。これも車体が完璧な寸歩で修復されているからですね。素晴らしい。。左は左、右は右。お手数かけますが右側も載せてください。
アウダマン 2011/09/03(Sat)08:52:26 編集
» Re:
最後まで仕上げて組み付けてあるのでしたら、それらしく直っているのですが、
途中まで触られているパーツはちょっと用心しなくてはいけないですね。
しかし、まさかスキンを外していたとは想像もしていませんでした。

やはり右側も中間画像UPしないとだめですよねー(笑。
週明けから少し急ぎ足で更新してみます。
pontyos 2011/09/03(Sat)18:38:51 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]