忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。

本業もボツボツとしながら合間にローレルを触っていたのですが、ちょっと忙しくなってきたので、
またしても車庫に追いやられてしまいました。気がつけばもう12月。雪が少ないので、あまり年末
時期って感じはしないのですが、少しずつ忙しくなってくる頃。ローレルはこのまま冬眠に入って
しまいそう。
一応、大まかな部分の張替えは終わったので、とりあえず予定通りというか。欲を言えばボンネット
も終わらせたかったのですが、まぁそんな事を言ってたらキリがないので。
少しの間はローレルを触れない恐れがあるので、ネタ切れ防止のために作業画像は小出しにして
紹介していく予定です(笑。

話は変わり。
私のブログでも、いっちょこ前にアクセス解析なんぞもしていまして、こうして記事を書いたりする
時にログインして結果をみたりしているのですが。中でも多いのが低圧ガンで検索して訪問される
方です。まぁ、あまりためにならないのか、リピートはされてない模様ですが(笑、
それでもめげずに、ガンの紹介。
インターネットで検索してもあまりヒットしないちょっと珍しいガンですが秀逸です。

DSC09345.JPG旭サナック MGB40 カーコーター。
確か2、3年ぐらい前に補修塗装用に販売されたばかりなので、
IWATAやSATA、デビルビス等と比べると一般的な知名度は薄いの
かもしれませんが、メーカーの生産ライン、内板塗装ではこのタイ
プのガンが採用されていました。定価はかなり高いようですが、
メーカーの方も販売店の方も大変努力をしてくれたお陰で、比較的
お値打ち価格で購入出来ました。

特徴は、とにかくメタル並びが抜群に良いです。均一な粒子なので、荒いメタリックでも黒ずみが
出づらくなり、塗装のストレスは物凄い減りました。特殊なノズルで微粒化しやすいようで、手元
ゲージを0.06Mpaでも微粒化するのには驚きました。
塗着効率の良さや、ゴミブツの出づらさ、全塗装でも疲れにくい樹脂グリップやら、特徴が沢山
ありますが、あまり書くとウソくさいので割愛(笑。
おそらく補修塗装用のガンの中でも1番高価だと思いますが、性能的にも最高の物だと思います。

塗装はガンより、ガンテクニックが大事なのですが、色の難易度も年々上がってきていますので、
それに伴い、塗料の性能、ガンの性能も良くなければ失敗も増えます。
もうじき水性塗料の時代。頭の痛い問題です。せっかく1液ベースを使いこなせているので。
このガンのノズルを換えて水性塗料でも塗れるのでしたら、塗料の入れ替えにも踏ん切りつくの
ですが・・。
開発されないかな~。してほしいな~。旭サナック様、ご検討お願いいたします。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
はじめまして栃木で板金塗装しています。

サナックのガン気になっているのですが、クリヤー用、ベース用、このガンの口径ってどのくらいがベストでしょうか?

高橋 2011/05/20(Fri)23:29:28 編集
» Re:無題
高橋 様

はじめまして。
カーコーターですが、私は主にベース用、ソリッド用に口径1.3mmを、
クリアー用に1.6mmを使用しています。
更に大きい口径もあるようですが、私は元々1.5mm口径のガンを使用して
いたので、必要としませんでした。

知り合いにはベースもクリアーも1.6mmって方もいます。

クリアーはある程度塗り込みが必要なので、1.3mmでは厳しいかと
思いますが、ベースに関しては現在使用しているガンの口径に準じた
サイズを選択されるのがベストかと思います。

個人的な主観ですが、どちらの口径もクセが非常に少ないので、
使用者を選ばないガンだと思います。


pontyos 2011/05/21(Sat)23:58:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]