忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




私のところでは修理に際して、塗装工程で邪魔になる付属品は基本的に取り外します。
例えば、Frドアを修理する場合は、ドアのモールやミラー、ドアの取っ手等を取り外します。
一昔前でしたら、マスキングが主流だったのですが、のちに際からの剥がれや、マスキング不備に
よる塗料の付着等のトラブルが発生します。

それは一般修理だけではなく、レストアでも同じことです。

レストアをお受けして、車両に取付られている付属品(バンパーやモール類等)を
分解していく時に多く見受けられる箇所をピックアップします。

DSCF2237.jpgケンメリRrクォーター、Rrバンパーの陰の目くらゴムパッキン。
ニッサン系の車では大抵ここにゴムパッキンがあります。
手で外せる程度の物なのですが、なぜ取り外さないのか正直
理解に苦しみます。
しかし、こうなっている車両実は多いのです。

付着した塗装を後から取るのは手間なので、本当は外した方が
良いのですがね。


DSCF2238.jpgドアワイヤーハーネスのグロメットとドアオープンのスイッチ。

ここは車種問わず、結構塗装が付いている場合が多い部分です。

こういった部分も外したり、引き抜いたりして、塗料が付着しない
ように気を使う必要があります。


結局、不要な部分に塗装を飛ばしてしまってはマスキングの意味はなく、反ってトラブルになります。

また、こういった部分は過去の修理方法推測の格好の材料になります。
細かな部分でもきちんと取り外したり、マスキング等の処置がされた車両は、それ以前の工程でも
丁寧に作業されていると思いますので。

今回も仕上がり後の見た目に影響するので、私が塗装を剥がす羽目になりますが、
剥がすのも後のトラブルを避けるためには必要な手直しかと。



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]