忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。

1号車に風景を楽しみにされていた方には申し訳ないですが、
ブラストに少々時間を要しますので、関連外の記事でつなぎます。

ここの破損って結構多いのではないでしょうか?
そんな箇所の記事です。


先日の事なのですが、昨年譲りましたパブリカのアウターハンドルを修理しました。
取付時には中古の良い部品をつけたつもりだったのですが、当時からロックの部分に亀裂が
あったのでしょうか・・・ロックが出過ぎて車体のロックピラーに擦ってしまうようです。



DSCF2881.jpgいきなり修理後画像ですが(笑。
円で囲った部分にやはり亀裂がありました。
パブリカ、ヨタハチのオーナーさんでしたら、壊れやすい場所だと
認知していると思います。


加えて溶接が出来ない合金素材なので、勿体無い思いをする部分かと思います。


今回も交換しようにも持っている数セットの中古品はほぼ全滅。
何とも無いのに限って、それ以外の状態が悪いという、旧車あるあるです(笑。

なので、修理しました。

弱い部分なのできっとお困りの方も多いと思います。
修理の一例として参考になればと思います。


DSCF2885.jpg割れている部分に見合う鉄板(1.2mm)を一枚作ります。
その鉄板を本体に当てるのですが、出っ張らないように、
本体側の鉄板があたる部分を鉄板の厚さ分だけ削ります。
そして、ロックを挟んで2箇所、鉄板と本体にビス穴を開け
本体の穴をタップ立てして、ビス(2mm程度)で接合します。


接合後、ビスの頭を擦って薄くして完成です。


耐久性、強度的にどうか・・・と言われるとまだ実証できていませんが。
補修箇所は車両に取り付けるとドア内側に密着する部分なので、鉄板部分にかかる負荷は欠落前と
あまり変わらないはずです。
暫くは安心して使えると思います。


今回、この方法で修理することにより、ハンドルのガタが無くなりロックとしての機能も回復しました。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
本日も更新ありがとうございます 暑いなかでさらにブラストブースに入るのですから・・・・想像するに耐えません まだ半分だとのことですが 観てるだけで申し訳ないですが もう7割くらいの進捗かとも思っておりました   
依頼人です 2011/08/06(Sat)20:00:40 編集
» 無題
暑い中、ブラスト作業ご苦労様です。北海道の夏もあと2週間くらいでしょうか。暑さを楽しんでください。ロックの修理は車を知り尽くしている人の記事ですね。感激。。
アウダマン 2011/08/07(Sun)08:27:02 編集
» Re:
ゆっくり休んでいて返信遅くなりました。

北海道の夏もあと少しでお盆ぐらいまでですかねぇ。
楽しんで過ごしたいと思います(笑。

汗だくになりながらもブラストもあと少しです!
時間が出来たらUPしまーす!
pontyos 2011/08/08(Mon)11:53:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]