忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
休日になるとチマチマとローレルを触っています。腰を据えての作業ではないので、気分が
のってきた頃にはもう夕方だったりして、なかなか進まないですが、少しばかり進んだので、
紹介します。

DSC09578.JPG下地の確認の為にスクレーパーを使い、地道に塗膜を剥がして
いきます。左クォーターは思いの外、過去の補修の無さにうれしく
なりました。ただ、フェンダーの耳を折っているので、若干張りが
無くなって歪んでいますが、元に戻せば、張りも戻りそうかな。




DSC09668.JPGひとまず、左側面とルーフの剥離は終わりました。左ドアは、
ベルトモール取り付け周辺の腐食が進んでいるので、中古を
使うか検討中。ロッカーパネルは製作し、取り替えます。
アウターの状態を見る限りではインナーもきっと手をかけないと
ダメだと思いますし。とにかく中も確認しないと心配なので。
フェンダーのロア部は腐食していたので平行して修復しました。

その辺りは後日載せるとして。


DSC09669.JPG前方から。フェンダーは、過去に全剥離していたようです。
また、過去の板金跡もありますので、多少の修理が必要に
なりますが、年式を考えれば良いほうと思わなくては。





DSC09664.JPG気掛かりだった右クォーター。やはりの状態です。右斜め後方からの
ダメージ有です。またタイヤハウス周辺も過去の補修があります。
この辺は部品取りのクォーターをはずして交換した方が後々良いかも
しれないなと思っています。修理にしろ、交換にしろ、取り外すことに
なりそうです。




DSC09666.JPG
右前方から。こっちのフェンダーはまぁまぁの状態。フェンダー裏側、
スプラッシュというんでしょうか、、骨の部分に砂や水が溜まり、腐って
しまうようです。
ドアは前側にパテが入っていましたが、それ以外の状態はそんなに
酷くないので、このドアを使おうと思います。



全体的に塗り重ねも少なく、年式の割には過去の補修も少ないのではないかなと思いました。
状態もだんだん見えてきてなんとなく作業方法も固まりつつあります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]