忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。

快晴です。
心地よい風が吹いていて過ごしやすい日です。


さて、昨日の続きで連載中(笑)のカウルサイド。
カット部分の原型から、出来上がっていく様を紹介します。

今回も左右一緒に作ります。


DSCF2719.jpgカウルサイド(アウター)のカットした部分の型はこんな感じです。
1.0mmの鋼板を選択。
腐食で痩せていたのでハッキリはわかりませんが、元々もこのぐらいの
厚さだったように感じました。
ピラーが付く部分なので、さすがに0.8mmじゃ不安ですし、加工性と
強度を考えると1.0mmが妥当かと。


DSCF2728.jpg穴が空いていた三角の部分をリブ加工。
当初はプレスでリブをと思ったのですが、左右各々の型が必要に
なるので、断念。
ハンマリングで仕上げました。

パネル自体に硬さが出てきて、形もちょっとそれっぽく見えてきました。



DSCF2893.jpg上部と前側を90°曲げ加工。

そして横方向にも曲げ、少し薄めなプレスラインいれ、ほぼ完成です。





後は、インナーと合せながら周辺部分との関連を確認して、前方部分のスリッドを溶接。





DSCF2910.jpg肝心の三角部分がインナーによって隠れてしまっていますが(汗、
依頼人様の気になる部分が出来上がりました。







ふぅ。

この2枚のパネル。
記事ではたった2日の出来事です。

が・・・・・実際は?


想像にお任せします(笑。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
目立たない箇所ですが キッチリ作成していただいてますので 恐縮しております ありがとうございます
依頼人です 2011/07/05(Tue)19:40:45 編集
» 無題
たった2枚のパネルですがさぞかし大変だったと思われます。

ハンマリングで作ったリブ、力作ですね。
安心して乗れる車になることが容易に想像できそうです。

暑いなか大変ですが体を大事にしながら頑張ってください。
19○○年式 2011/07/05(Tue)19:47:02 編集
» 無題
ハンマリングの技術 素晴らしいの一言です。
アウダマン 2011/07/05(Tue)19:58:59 編集
» 無題
19○○年式 様 いつもみていただいているようでありがとうございます 2年のレストアブランクの後レストア作業が一気に加速しております 嬉しいやら・・・・です(笑)
依頼人です 2011/07/05(Tue)20:02:42 編集
» Re:
<嬉しいやら・・・・です(笑)
点々の部分にはどんな言葉が入るのだろうか暫し想像してしまいました(笑。


画像を見て想像する以上に地道な作業でして。
出来たようでも実際はかなり微調整が必要だったり。

甲斐あって、アウターを張ると一気にキレイなったように感じますよ。




pontyos 2011/07/06(Wed)15:17:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]