忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
UPするペースがすっかり落ちてしまいました。
更新せずとも作業はどんどん進んでいるので、画像の枚数を増やして追いかけねば。


DSCF5663.jpgとにかく重ね張りしたフロアを大雑把にサンダーでカット。
ようやく向こう側が見えました。

残った部分は地道に手工具で出来る限り元の車体側を痛めないように
溶接部分を削って取り除いていきます。



DSCF5669.jpgトーションバーカバー辺りの溶接を摩って張った鉄板を剥がして
みるとこのような状態でした。
カバーを兼ねての処置かと思うのですが。。。。
そんなに大きく蓋しなくても(苦笑。




DSCF5679.jpgだっ・・断熱材?!

足元冷えないように?!

何の為の断熱材なのか。。。全く解かりません。



DSCF5684.jpgアウターを捲って確認。
アウターは当然ながらやはりインナー側も腐食で穴が開いています。





DSCF5686.jpgリアフェンダーロア部分。
穴が開いていた部分にパッチを当てた後がみられます。

ホイールハウスロア部分も腐食がかなり進行しているので、
時間の問題だったかもしれません。



私自身、外見上の綺麗さからこのような状態になっている事はあまり想像出来なかったのですが、
ふと冷静に考えてみると、ごくごく当たり前の状態なのかもしれません。

現行車でも最初の車検の頃には既にボディに浮き錆があったりするぐらいですから、
40年以上前のヨタハチがこの程度で済んでいるのは良い方なのかもしれません。

塗装してしまえば当面は綺麗なのです。

しかし、経年後を考えると・・・・・・

やはり下地からなのです。



続く。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
重ね張りに断熱材。錆促進の保湿効果抜群ですね。また、素晴らしい技術が見られます。よろしく。。
アウダマン 2012/04/19(Thu)19:02:19 編集
» 無題
40年経過しての程度からみれば やはりいいのでしょうか? 我がトヨ2も塗装浮き サビが・・・・考えれば怖いのですが・・・・
元 依頼人です 2012/04/19(Thu)19:48:16 編集
» 無題
凄く綺麗に見えていたのですが・・・・・・
我が02はもっと酷いのでしょう。><
経年劣化との戦いですが、軍配は経験値に^^;
新たな産声が聞こえてきてますね!!
tii 2012/04/19(Thu)21:39:57 編集
» 無題
断熱材は防音効果を狙ってのもの?

旧車と錆は切っても切れない関係ですよね、
どのあたりで折り合いをつけようか、という話になるんでしょうか。
19○○年式 2012/04/19(Thu)22:09:02 編集
» Re:
>アウダマン 様
軍手が詰めこまれていたのは見た事ありますが、
断熱材はビックリです。
3層内断熱だなんて北海道の住宅みたいな作りです(笑。

>元依頼人 様
旧車はやっぱり仕方ないですよね。
でも、トヨ2ぐらいになると恐怖も倍増して
しまいそうですよね^^;
あまり考えないでおきましょう(笑。

>tii 様
現オーナーさんが大事に乗っていられたので、
外見上は手が行き届いていましたが・・・です。
欧州車の防錆面はかなり優れていますから、想像
より良いかもしれませんよ?
ウィークポイントはあるのかもしれませんが^^;

>19○○年式 様
なるほど!防音効果の線もありますね(笑。
腐食を追いかければどこまでも手掛けなくては
なりませんし、そうなるともちろん予算や納期の
都合も出てきますし難しいところです。
+αの折り合いと、オーナーさんの日々の管理で錆と
上手に付き合っていくしか無いのですよねぇ。

pontyos 2012/04/20(Fri)19:07:58 編集
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]