忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
暑いですねー。
35℃超えしている地区も結構あるようで、全国的に真夏日なのですね。
ちなみに私のところは33℃らしいです。
昨日と変わって湿度が低い分かなり過ごしやすいです。


さて、
連休前にブラスト後の作業をもう少し紹介したいので、もうちょっとお付き合い下さい。

DSCF3296.jpgリアフェンダー取付の準備としてブラスト前から進めてい辺りです。
バックパネル下部や溶接しろを作ったり、リアフロアサイド、
タイヤハウスのロア部分やハウスの溶接しろ・・・。

これで、リアフェンダー周辺部分の張替えが全て完了しました。

DSCF3305.jpgリアフェンダーを取り付けてからでは出来ない作業です。
なので、外れている段階で防錆剤を塗布。






そして、

DSCF3317.jpg防錆塗料の試触乾燥を確認後、プライマーを塗布。

張り替えた辺りに僅か溶接の痕が確認出来るので、
パテを軽く流して目立たないようにしておきました。

まぁ、ほとんど隠れてしまう部分なのですが、業者からの視点を
考えれば、そういう部分こそ一手間かけたい所だったりします。


スポットシーラーも塗布して準備万端!

次回は接合です!!



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
こんにちは 毎日暑い日が続きますね
素晴らしい出来栄えです 見えないとこほど丁寧にする姿勢に頭が下がる思いです。
南国こけたろう 2011/08/11(Thu)17:00:38 編集
» 無題
お盆前更新ありがとうございます フェンダー内部の完璧な防錆処理ありがとうございます これであと何十年?も耐えれる処理ですね 形ある限り現存すると思います 
依頼人です 2011/08/11(Thu)19:34:17 編集
» 無題
防錆処理は修理の要、これだけしっかりやれば末代ものですね。仕事が歴史に残る幸せを感じます。がんばれー。。
アウダマン 2011/08/12(Fri)06:00:31 編集
» 無題
錆に対する弱点、新車設計時には分からなかった点も把握できる現在の対策と、凄腕の板金職人さんの手で新車時よりもいい車に上がるような気がします。
今後半世紀以上は軽く耐えられそうですね。
19○○年式 2011/08/12(Fri)07:15:22 編集
» Re:
コメント有難うございます!

経年の腐食がウィークポイントを示しているので、その辺りを
しっかり防錆処置できるのはレストアの強みかなと思います。

そういった部分へは私が考えられる限りの処理をしました。
いつまで耐えられるかはわかりませんが、独自の暴露テストの結果では
良い結果だったので、形ががある間は安心して耐えられますよ(笑。

あとは、依頼人様のご協力で良好な状態を保ってほしいです。(笑。

pontyos 2011/08/12(Fri)13:27:42 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]