忍者ブログ
旧車のレストアや日々の雑日記。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の更新、休んでしまいました。
今月に入ってから結構良い調子で続けていたので、ちょっと悔しかったりしています(笑。


さておき。
それでは一昨日の記事の続きで、アウターに補強をといった工程を紹介します。
アウターも張替えという事で、自社パーツのロッカーパネルを使用することになります。

ロッカーパネルの内側と補強に防錆処置をした後、

outer00.jpgロッカーパネル下面と補強をスポット溶接で組み合わせておきます。
上側のスポットはインナーと一緒に接合するので、この段階では
保留です。


理想としては、補強は上下共にインナーとアウターで挟んでスポット溶接したかったのですが、
下側のスポット溶接に関しては元々から3枚一緒に接合される構造で厚さが、
フロア(1.0mm)+ロッカーインナー(1.2mm)+ロッカーアウター(1.0mm)で合計3.2mmにも
なります。
私どもの使用している補修用スポット溶接機では、せいぜいこのぐらいの厚さが限界。
ここに補強の1.0mmとなると、著しく接合性能は下がり、強度落ちや接合不良が生じます。

また下から覗き見たとき、1枚余分に入っているのが解かるのもどうかと思いますし。
上面は接着式のウェザーストリップで覆われるので、付いてしまえば目立ちません(笑。

オリジナリティーと強度、作業性の兼ね合いを考えこのあたりが今回の妥協点でした。


DSCF3051.jpg車両に仮止めです。

しかし、このまま溶接するわけにもいかないのが、
ヨタハチの面倒なところです。。。。




DSCF2999.jpgこの部分を何とかしなくては、ドアとの立て付けが確認出来ません。
平行してフェンダーを仮止めしてチリを合せたいところでもあります。







何だか・・・・。
ここ暫くあちこち作業が飛んでいるようで、状況説明も通じているのか自信がなくなってきますね・・・。


ロッカーパネル接合の1工程を進めるためには、まず周辺から。
隣接とかなり関わりあっているので、全体的に進めていかなくてはならないのですが、
仕上がるときは一気に見栄えが良くなるはずです。

そして、私の説明も纏まるかと(爆。






PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 無題
更新ありがとうございます。説明が細かく理解できます。作業の苦労を知らずに楽しんで申し訳ない気持ちです。今後もよろしくお願いします。
アウダマン 2011/07/14(Thu)16:10:44 編集
» 無題
暑い最中いつも更新ありがとうございます 左ドアヒンジ付近の問題部分ですねー 不思議なもので何も心配することなくお任せしてしまってるせいか きっとうまく整形してくださるものと思い込んでしまっております ロッカーパネル補強方法はもう神業でしょうか 感心するばかりです
依頼人です 2011/07/14(Thu)20:06:35 編集
» Re:
お返事遅くなりした^^;

張替えが必要な部分があっても、かなりお任せいただき制約も
少なく作業をさせていただけているので、やり易い面もあります。

しばらくの間、修復の必要がない一台になるように頑張りたいです。

そんな気持ちで作業しているので、苦労など考えず楽しんで下さい(笑。
pontyos 2011/07/15(Fri)20:46:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(07/27)
(07/11)
最新コメント
[07/28 pontyos]
[07/27 未来の依頼人]
[07/18 pontyos]
[07/16 未来の依頼人]
プロフィール
HN:
pontyos
性別:
男性
ブログ内検索
最新TB
アクセス解析

Copyright © [ ~ 錆びない思い出 ~ ] All rights reserved.
Special Template : CSStemplate.shinobi.jp
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]